山形県立農林大学校山形県立農林大学校山形県立農林大学校山形県立農林大学校山形県立農林大学校
山形県立農林大学校学校紹介
山形県立農林大学校携帯サイト
山形県立農林大学校農大ロゴマーク
農大ロゴマーク
トップページ  >  教育ポイント  >  10の教育ポイント

10の教育ポイント

ポイント1 将来の目標に応じて選べる「専攻」

優れた教授陣での少人数教育を行っています。農業総合研究センター畜産試験場、最上総合支庁農業技術普及課産地研究室が隣接しており、試験研究部門の最先端の技術に触れながら学ぶことができます。

ポイント2 農業の「実践的カリキュラム」を重視

農業または農業関連産業など実社会で即戦力となる人材育成のための実践教育を重視しています。講義、実験・実習、視察のほかバイオテクノロジー、マーケティングなど先進技術教育も充実しています。

ポイント3 充実した「実験・実習施設」

100haの広大なエリアで学習できます。 学生一人当たりほ場一区画、ハウス一棟担当制など恵まれた環境で、環境保全型農業・セル苗利用・水耕栽培・受精卵移植技術等、最新の高度技術が学べます。

ポイント4 実践的な「免許・資格」の取得

大型特殊自動車(農耕用)、産業用無人ヘリコプター操縦士、簿記検定、毒物劇物取扱者、危険物取扱者、家畜人工授精師、削蹄師などの実用的な免許、資格がとれます。(一部、受講学生限定の免許あり)

ポイント5 豊かな「国際感覚」が身につく海外研修

アメリカへの海外研修として、農場視察、姉妹校との交流、ファーム・ステイ等、アメリカ農業の実態を学び、国際感覚を身に付けることができます。

ポイント6 「ICT活用能力」の向上

情報処理能力向上のための指導を行っています。

ポイント7 全寮制で「生涯の仲間づくり」

広大で自然豊かな環境のもと、農業を目指す多くの仲間達と寮生活で交流を深め、楽しく充実したキャンパスライフが送れます。

ポイント8 卒業後の「研修制度」の充実

卒業後に試験研究機関、国内の先進地や海外などで研修する制度があります。学生一人ひとりの希望に応じた多様な進路指導を行っています。

ポイント9 卒業生の「4年制大学3年次編入」可能

本校は、学校教育法に基づく専修学校に位置付けられており、卒業時に専門士の称号が得られます。また、日本学生支援機構の奨学金を利用することができます。希望者に対し、4年制大学の3年次編入学を支援します。

ポイント10 授業料、入校料等の「経費の負担少ない」

授業料は年間118,800円、入校料は5,650円です(平成25年度実績)。他の大学・短大・専門学校等と比較して、経費の負担が少なくて済みます。


サイトマップ   |  お問い合わせ   |  リンク集   |  ご利用にあたって   |  English Page   | 
〒996-0052 山形県新庄市大字角沢1366 TEL : 0233-22-1527
Copyright © 2008 Yamagata Prefectural College of Agriculture.All Rights Reserved.