山形県立農林大学校山形県立農林大学校山形県立農林大学校山形県立農林大学校山形県立農林大学校
山形県立農林大学校学校紹介
山形県立農林大学校携帯サイト
山形県立農林大学校農大ロゴマーク
農大ロゴマーク
トップページ  >  農大ウォッチング  >  さよなら“拓心寮”
  農業大学校の同窓生が思い出を語るのは、決まって寮生活の思い出です。血気盛んな若者たちを見守ってきた初代“拓心寮”がこの春、その役目を新しい“拓心寮”へと引き継ぐことになりました。
  今年で60周年を迎える農業大学校は、その名を“経営伝習農場”、“農業経営研修所”と変遷してきましたが、実践学習と「師弟同行」の精神のもと、全寮制という教育を一貫してきました。
  昭和53年、“農業大学校”への変更に合わせ、新築されたのが、初代の“拓心寮”です。それまでの宿泊施設(寮)には名称はなかったため、当時の教務課長である故高木幸蔵氏が命名したそうです。
  新築当時は、机や棚も作り付けの2段ベッドのある4人部屋で、およそ130名の学生が夜遅くまで、わいわいがやがやと農業談義をしていたと聞きます。
  ゆとりの平成時代になり、定員を抑え、畳敷きの2人部屋に改装し、レイアウトフリーに模様替えしています。
  その後も管理棟談話室の整備やインターネットの整備、ファンヒーターの設置など時代の流れに対応しましたが、女子学生の増加や生活スタイルの変化に対応しきれず、“拓心寮”の第1幕を閉じることになりました。
  あれから37年、通算1,900名もの若者が明日の農業を夢に、寝食を共に過ごし、貴重な思い出と生涯の友という宝を携えて、社会へと旅立ちました。

・・・・・この春、“拓心寮”の第2幕があがります。


旧拓心寮玄関前

昭和53年に命名されました

小さな部屋に大勢の仲間たちが集いました

拓心寮への感謝のメッセージ
サイトマップ   |  お問い合わせ   |  リンク集   |  ご利用にあたって   |  English Page   | 
〒996-0052 山形県新庄市大字角沢1366 TEL : 0233-22-1527
Copyright © 2008 Yamagata Prefectural College of Agriculture.All Rights Reserved.