山形県立農林大学校山形県立農林大学校山形県立農林大学校山形県立農林大学校山形県立農林大学校
山形県立農林大学校学校紹介
山形県立農林大学校携帯サイト
山形県立農林大学校農大ロゴマーク
農大ロゴマーク
トップページ  >  農大ウォッチング  >  島根で大規模牧場を視察しました(畜産)。

畜産経営学科の2年生は、11月15日に島根県の大規模牧場を視察しました。午前中は肉用牛を7,000頭飼養する松永牧場です。この牧場では、豆腐粕やバナナ、もやし等の様々な種類の食品残渣を受け入れ、発酵飼料にして肥育牛に給与していました。当初、この発酵飼料を給与したら牛肉の脂肪が固くなったので、発酵飼料に合うように配合飼料の設計を変更したと聞き、食品残渣の飼料化は簡単ではないことが分かりました。また、繁殖牛を900頭も飼養しているにもかかわらず繁殖成績がとても良好であり、そのコツをいろいろ教えていただきました。

 午後は、乳用牛を1,400頭飼養するメイプル牧場です。この牧場では、世界で初めて乳質管理改善システムを導入し、乳成分を毎日、牛ごとに測定していました。このデータを元に、牛の健康管理や乳質管理に努めるとともに、歩数計のデータを併せることで、発情をほぼ確実に発見できるとのことでした。また、平均分娩間隔は約380日、乳中体細胞数は18/ml以下の成績を維持しており非常に驚きました。

 規模拡大すると目が行き届かなくなって成績は低下するのではないかと考えていましたが、効率的に牛を飼養するシステムを確立できれば規模拡大は難しくはないことを学んだ有意義な研修でした。

サイトマップ   |  お問い合わせ   |  リンク集   |  ご利用にあたって   |  English Page   | 
〒996-0052 山形県新庄市大字角沢1366 TEL : 0233-22-1527
Copyright © 2008 Yamagata Prefectural College of Agriculture.All Rights Reserved.